So-net無料ブログ作成
検索選択

五島長崎国際トライアスロンの結果詳細 [日記とか]

いやー、五島長崎国際トライアスロン、行ってきました。すでにアレしている方もいると思いますが、簡単にレポでも書いときますね。そういや去年のレポって、バイクで終わってたよな。まあ去年のことは気にせずアレしますか。別けて書くと、また途中で書かなくなりそうなので、一気に全部簡単に書いちゃいますね!!とかいいながらレース前々日から書きます。

木曜日の夜に大阪から新幹線で博多、博多からフェリーで五島という経路だったんだけど、フェリーで目覚めて外を見ると、大雨降ってる。あー、やっぱりね。去年も五島滞在四日間、全て雨(時々雷雨or豪雨)でしたからね。しかもそんな中でキャンプ。今年は事前に雨って分かってたし、去年がめちゃくちゃ大変だったから、今年はキャンプは諦めてホテルを予約しました。けど、出発二日前ぐらいに探したので、もうどこも空いてないかなーと思ったら、2件目の電話であっさり予約できた。しかも、メインとなる福江文化会館が割と近くて便利が良い。

金曜日の朝9時、五島の福江港到着。雨の中をでっかいバックパックとバイクをかついでとりあえず雨をしのげるところへ移動。バイクを組み立てるが、雨がやまないのでとりあえずターミナルで朝ご飯を食べる。ちなみに、バイクを組み立ててるところを長崎テレビ?のカメラで撮られたけど、何かで使われるんかなあ。しばらくして雨が小降りになってきたので、急いで予約していた五島第一ホテルへ。しかしチェックインは15時からとのこと。ロビーにあったマンガを読みながら時間を潰す。14時頃からだんだんとチェックインし始めたので、フロントに聞いてみると、名前がないとのこと。五島第一ホテルからさらに歩いて少しのところの五島ホテルに予約されているとか。どうやら、五島第一ホテルから優先的に予約を入れてって、あふれたら五島ホテルの方に回すらしい。ていうか、それならそうと最初から言っといてよ。時間無駄にしたじゃないか。って、まあ何をするってわけでもなかったからいいけど。てことで、五島ホテルにチェックイン。その後、福江文化会館に行き、選手登録を済ませ、競技説明会に参加。カーボパーティーがあったけどそれには参加せず、去年食べ損ねた五島牛が食べれるお店へ。とことが、なんと、閉まってた!がびーん。けどどうしても食べたかったので、五島牛も食べれる近くのいけす割烹へ。130g2,800円の五島牛をいただきました。めちゃくちゃうまかった!あとお造りの三種盛りもいただいた。普段はあんまし食べないんだけど、イカ刺しがめちゃくちゃ美味しかった!!満足したのでホテルへ戻っていろいろして就寝。

土曜日、朝起きて外見てみるとやっぱり雨。バイクの預託は昼からだったので、午前中はホテルでだらだら過ごす。昼前に支度し、再び昨日行ったいけす割烹へ。今度は刺身定食。これで1000円?ってぐらいのボリュームと美味しさでした。その後バイク&ランギア(ランに必要な道具をいればバッグ)預託のため福江文化会館へ。ヘルメットチェック、バイクチェックをなんなくパスし、預託完了。とりあえず以上で大会前日までのやらないといけないことは終了。暇になったので、ちょっとだけ周囲を散策。昨年のフィニッシュ地点だった五島高校に行って感慨に浸りつつ、今年のフィニッシュ地点は違うところだけど、また無事に帰ってこれたらいいなーと祈る。そうこうしていると晩ご飯の時間。ホテルで教えてもらったお食事処へ行って五島うどんを食べ、ホテルを帰って翌日の準備。準備完了、風呂入って寝よう!と思い風呂へ入るが、お湯が一滴も出ないというトラブル発生!フロントへ連絡すると、いろいろやってくれたみたいで、ちょっと時間かかったけど、出るようになりました。日本でもこんなんあるんだなー。で、いざ寝ようと思うと、興奮してか緊張してかなかなか寝れない。結局寝れたのは0時ぐらいだったかな。それもかなり浅い眠りだった気がする。

レース当日(日曜日)、朝3時過ぎに起床!外は雨がやんでいる!奇跡!もしかして晴れるかも?とか思いながら、ご飯食べて準備して4時過ぎぐらいに集合場所の外濠公園前へ。そこからバスに乗り、スイム会場の富江へ移動。会場へついて、最終登録やボディナンバリング、バイクチェックなどを行ってると、なんと東の空に太陽の光が!いやー、奇跡でしたね。6時半、いよいよ入水チェック。少しだけウォーミングアップ。水温は冷たくない。ただ、海水なので口に入るとめちゃくちゃしょっぱい。まああたりまえか。とかなんとかいってるうちにウォーミングアップも終了。あとはスタートを待つのみ。フローティングスタートなので、スタート位置まで行って浮いて待つ。スイムは遅いしバトルに巻き込まれるから、少し後ろでスタートした方がいいのかもしれないんだけど、なんか最初っから下がってスタートってのはなんか負けた気がするので前列で待機。

そして、7時ちょうど、いよいよスタート!!

【スイム:3.8km】
富江港内1.9kmのコースを2周回。2周目に入る前に一旦陸に上がる感じ。ご存じの通りスイムは苦手。前列でスタートしたので、軽いバトルに巻き込まれるもそんなに激しくない。無理しないよう大きな泳ぎを心がけつつも、無理しないことばかり気をつけていると逆にペースが落ちてしまうアレがあるので、あまりペースが落ちないようにそこそこのペースで泳ぐ。泳ぎ始めはもうかなり気が遠く感じたんだけど、泳ぎ続けていると意外とあっという間。順調に1周目を終え一旦陸上へ。そこで時計を見るとなんと35分!今までのベストが1.5kmで33分、2.0kmで43分だったのでかなりびっくり!これは予想以上のペースでスイムアップ出来るかも?と思いながら2周目へ。今回は多分真ん中より前だったから、ずっと誰かに足触られたり逆に触ったりって感じだったんだけど、日頃のNSI朝練の成果か、それに動じることもなく、ヘッドアップ(前方に顔を上げて目標物を確認する)もしっかりできて落ち着いて泳ぐことができました。2周目も順調に泳ぎ、意外とあっという間にスイムアップ!

DSC_9511.JPG

今年:1時間14分53秒(109位)
昨年:1時間37分5秒(291位)


2周目は少し遅くなったが、それでも昨年のタイムを約23分も更新!昨年の6月から通い始めたスクールで、年間通して頑張った朝練の成果だと思います!ていうか、あまりにも更新しすぎて、今回は500mぐらい距離が短かったんじゃないかといまだに疑っている。

【T1(スイム→バイクのトランジション)】
スイムの好タイムの余韻に浸ってしまって、ちょっとのんびりしすぎた。タイムは出てないけど、多分5分ぐらいかかってる気がする。

【バイク:180.2km】
バイクコースはアップダウンが多く難コースという選手が多いが、自分はむしろ坂道好きなので特にハードだとは思わなかった。コースの詳細は説明するのがアレなので、知りたい人は公式サイトを見てください。昨年と若干変わってます。バイクは得意なので、スタート直後から順調に前の選手をパス。天気は太陽も出てきて路面もしっかり乾いている。けど、そんなに暑くもなく、まさかのベストコンディション!バイクは長良川まで乗ってたフルアルミの筋トレバイクではなく、このレースからフルカーボン&ディープリム(なんか風の流れがよくなるホイール)の戦闘マシン。快適です。今回はスイムでそんなに遅くなかったせいか、序盤で既に前の選手が少なくなってきた。前に選手が見えると目標にして頑張れるんだけど、見えないと目標がないので気持ち的にちょっとアレです。そんな時は、沿道に出て応援してくれる島民のみなさんの温かい声援を力に変える!いやーやっぱりバイクは楽しいなーなんて思ってたんだけど、50km過ぎたぐらいから胃に違和感を覚える。気にするとアレなので気にせず走ってたけど、なんかどんどん気持ち悪くなってくる。時間を見て定期的にジェルやグミやカロリーメイト的な補給食を摂ってたんだけど、それも無理やり飲みこまないと喉を通らなくなってきた。加えて、100km過ぎたあたりから、サドルのポジションがまだ合っていないのかち○この付け根の辺が痛くなってくる。150km過ぎてからぐらいはひたすら我慢の走り。補給しては嘔吐を繰り返しながら、唯一喉を通るエイドのバナナを摂る。ケツは痛いしオエオエなるし、もう大変でした。あと、嘔吐するときって、腹筋とか背筋をめちゃくちゃ使うじゃないですか。なので、途中から腰も痛くなってきたりして。最後の方は、早くこのケツと腰の痛みから解放されたいっていうアレだけで走りました。バイクがこんなにつらかったのは初めてかも。そんなこんなでなんとかバイク終了。

DSC_9512.JPG

今年:5時間31分32秒(8位)
昨年:5時間46分23秒(11位)


5時間15分ぐらいを目標にしてのたで、もう少し早いタイムでバイクフィニッシュしたかった。とはいえ昨年タイムより約15分の短縮。まあバイクが違うから当然と言えば当然か。いろいろ反省点があるので、また今後に生かそう。得意のバイクパートも、それによってまだまだ伸びシロがあるってことなので、前向きに考えます。

【T2(バイク→ランのトランジション)】
吐きそうだったのでまたちょっとゆっくりしてしまった。ここも5分くらいかな?ちなみにバイクもバイクギアバッグ(ヘルメットとかバイクシューズを入れる)もボランティアの学生さんが受け取ってくれます。とても助かる。

【スプリット】
今年:6時間46分25秒(16位)
昨年:7時間23分28秒(31位)


昨年タイムより約37分の短縮!この調子でランも順調にいけば、トップ10入りも狙える?!(結果無理だったが)

【ラン:42.2km】
昨年とはコースが全く変わり、まあまあのアップダウンがある1周14kmのコースを3周回。詳細は公式サイトをアレしてください。バイクに引き続き胃が気持ち悪くて吐きそうだが、なんとか我慢してスタート。トランジションにいたMCの方が名前を呼んで声援を送ってくれる。ちょっとだけテンションが上がった。脚はそんなに重くない。しかしどうにも胃が気持ち悪い。嘔吐しそうになるのを抑え込むように水を流し込み、その後もエイドでは水分をしっかり摂って胃をだましだまし走る。コースにはBタイプの選手がすでにたくさん走っている。ランはゼッケンが前なので、Aタイプの選手かBタイプの選手かがよくわからない。なので、とりあえずは目標ペースの5分/kmで走ることを心がける。最初の10kmは目標だった5分/kmペースで走れるが、以降、どんどん脚が重くなりペースが落ちて来て、後続の選手にどんどん抜かれ始める。時計を見て無理に5分/kmペースにしようとすると最後までもたなくなりそうだったので、一切時計を見ず、その時走れるペースでたんたんと走っていくアレに変更。そして、固形物は完全に喉を通らなくなる。とりあえず水分補給だけはしっかりと行う。その後もどんどんペースは落ち、どんどんと抜かれていく。もーあまりの抜かれっぷりにかなりへこみました。まあでもこれが今の実力。悔しいけど仕方ないですね。30km過ぎてからは両膝及び左足首に痛みが出始めるも、沿道の温かい声援に励まされ、なんとか一歩ずつ進む。もうほんと、沿道の声援がなければ走りきれなかったかもしれない。沿道の声援に笑顔で手を振り返すと、またさらに大きな声援を送ってくれるんです。おばちゃんたちが「笑顔がすてき~」って言ってくれたり、おっちゃんたちが「笑顔が出るならまだ大丈夫!行ける行ける!」って言ってくれたり、選手名簿を見てゼッケンNoで名前を探してくれて名前を呼んで応援してくれたり。もうほんと涙が出そうになるぐらい温かい沿道の声援でした。あと、エリートで出場してた河原選手も、フィニッシュ地点付近で走っている人みんなに声をかけ、時にはハイタッチとかもしたりして、選手のみんなを勇気づけてました。自信もレースを終えた後で疲れているだろうに、あの調子だと多分タイムオーバーになるまで選手に声をかけられてたんじゃないかな。強い人はレースで早いだけじゃないですね。そうこうしているちに、フィニッシュ地点付近へ戻ってくる。ここを曲がればあとはフィニッシュまでストレートのみ!会場MCに自分のゼッケンNoと名前がコールされ、その場のみんなが温かい拍手で迎えてくれる。そして、感動のフィニッシューーーーーーーーーーー!!

DSC_9508.JPG

今年:4時間7分35秒(79位)
昨年:3時間55分15秒(39位)


目標は3時間30分だったということと、昨年タイムより12分も遅かったのでかなり不満。とはいえ、歩かず最後まで走りきれ、無事に笑顔でゴールできたのでよかった。

そして総合結果。

【総合:226.2km】
今年:10時間54分00秒
    総合26位、年代別(M30)2位
昨年:11時間18分43秒
    総合28位、年代別(M30)5位


なんとか昨年タイムを更新できたものの、このタイムと総合順位で年代別2位はちょっと恥ずかしい。タイムは10時間10分、総合10位以内、年代別3位以内が目標だったので。自分より上の順位はM35(35-39)とM40 (40-44)の選手がたくさん。こんなことでいいのかアラサー世代!!もっと上の人たちを引きづり下ろすぐらいのアレを持たなくては!!自分も含め、頑張れ30-34歳代!!

ちなみに、ゴール後はあれだけ気持ち悪かった胃はいつのまにか通常通りになっていて、完走者に無料で振舞われる五島うどんと、屋台の五島豚とおでん五品をがっつり食べました。胃は全然平気だった。いったいなんだったんだろう。その後、シャワーを浴びたりマッサージを受けたり一旦ホテルに戻って着替えたりバイクを引き取りに行ったり。ホテルに帰ったら帰ったで片付けが大変。なんだかんだやってたら、寝るのがかなり遅くなってしまった。

月曜日、8時ぐらいに起床し、いろいろ準備してホテルをチェックアウト。外を見ると結構な雨が降っている。レース当日だけ晴れたのは、ほんと奇跡だった!小降りになったところを急いで福江文化会館へ行き、完走証とリザルトを受け取り写真を購入。そして待望の表彰式!!タイム的には全然満足できない結果だけど、やっぱり表彰されるのはうれしいものですね。その後はアワードパーティーでまたまたがっつり食べて、いろんな方とお話させていただいて、大会の全てが終了!!いやー今年も楽しかったー!五島はご飯もおいしいし島民の皆さまも温かいし、最高ですよー!天気がいい日にゆっくり観光ができたらもっと最高なんですけどね。まあそれは別の機会にアレしますか。

そうそう、福江港でフェリーを待ってる時に、初代バラモンキングチャンピオン、今年も総合2位だったかぼすさん?かぼすくんさん?に声をかけていただき、バッチをいただきましたー!うおー、かぼすアタックだー!世界選手権ではバイクで先行できたから、今回はバイクで少しでも追い上げたかったんだけど、まったくもって歯が立ちませんでした。ランなんかはもう自分とは全然違うペース。それなのにまだまだ向上心を持たれている。まだまだ自分も日々努力します!そして近い将来、かぼすさん?かぼすくんさん?も脅かせるぐらいなアスリートになりたいなー。

あ、あと、今大会、昨年と同様、ITUロングディスタンストライアスロン世界選手権の予選会になってました。今回も年代別で上位入賞できたので、7月末にスペインで開催される世界選手権に、日本代表として出場することができます。とりあえず、エントリーはしましたよ!!ちなみに、今年の9月に中国で開催されるアジア選手権、来年の6月に開催されるフランスでの世界選手権の予選会にもなってたっぽい。まだよくわからないですが、中国とフランスにも行けるかもねー。

ということで振り返り終わり!今回も反省点が山ほどあります。トライアスロン3年目、ロングはこれで3戦目。そんなに早く全てが順調にいくわけないですね。スイムはまだまだ伸びシロがある(と信じている)、バイクもまだたくさん改善点がある、ランもまだまだ走り込みと経験が足りない。もっともっとアレしてまだまだアレします!

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

waliiza

スイムの写真が高田延彦みたい
by waliiza (2012-07-08 03:51) 

hiroshi

>waliiza。
誰が高田に似てるって?そんなこというやつは、出てこいや!!

by hiroshi (2012-07-12 23:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。