So-net無料ブログ作成

「九州一周自転車の旅」の総括その① [旅・自転車・アウトドア]

16連休明けの出勤初日に会社の飲み会があり、なんと、徹夜してしまった。
30分ぐらいの仮眠で次の日出社。
意外と普通に仕事できた。

まだまだ若いな、俺。



***

というわけで、九州一周自転車の旅の総括でもしますか。

いやー、楽しかった、実に楽しかった。
楽しすぎてあっという間に12日間が過ぎてしまった。
道中の様子は、リアルタイムでお伝えしたので、あまり詳しくは書きません。
リアルタイムで更新した方をアレしてください。
今日は、実際に走った全ルートと、道中の見所などを簡単に書いてみますかね。
また後日、旅全体を通して感じたこと、悟ったことなども書きますね。

期間:4/26(日)~5/7(木)の12日間
総走行距離:1373.7km
総走行時間:不明
平均時速:計測不能
最高速度:61.5km/h


■一日目
天気:曇り、夕方に少し雨
ルート:こちら
走行距離:132.72km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
①博多湾と玄界灘沿いの道路 ☆☆
  海沿いなので晴れてたら気持ちがいいと思うけど、曇り&強風(向かい風)だったため地味に疲れた。
②伊万里から佐世保に抜ける国道498号 ☆☆☆
  かなりの峠で、初日からかなりの半笑い。
③佐世保からキャンプ場までの道 ☆☆
  距離は短いんだけど、これまた結構な上り坂できつかった。
  「あと少しで着くのに・・・」「明日も朝からこの坂か・・・」など、心理的にもきつかった。
おすすめポイント:
①唐津バーガー
  うまかった。二つ食ったった。
②展海峰から見た九十九島
 夕暮れ時とか、かなりキレイだと思う。
キャンプ場満足度(☆5つが最高):白浜オートキャンプ場 ☆☆☆
 海水浴場に併設されたサイト。
 全サイト芝生。
 管理人さんはとても親切。
 今回は貸切状態だったため、常設テントサイトに張らせてもらった。
 水周りの施設はまあ普通。
 夕暮れ時は九十九島方面に沈む夕日が眺められる。

■二日目
天気:曇り時々雨
ルート:こちら
走行距離:124.90km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
①雲仙ヒルクライム(県道128号) ☆☆☆☆☆
  めちゃくちゃ上り坂でよだれでまくり!
  さらに日が暮れ始めたため、寒いし暗いしイノシシと目が合うしで、なかなか大変な上り坂だった。
おすすめポイント:
①諫早湾干拓堤防道路
  諫早湾の潮受堤防上に整備された道路。
  雲仙に向けてひたすら直線で気持ちい。
  ただし、向かい風が強いと全く進まないので自分いじめポイントになる。
②千々石展望所のじゃがちゃん
  フライドポテトのじゃがいもまるごと版って感じ。
  うまくて2本(じゃがいもまるごと4つ)食べた。
  展望所からの眺めも良し。
③雲仙に上る途中から見える夕日
  キレイだった。
④雲仙温泉
  低料金で入浴できる共同浴場有り。
  お湯は硫黄臭が強く白濁色。
  体が芯からあったまり、上がった後もぽかぽかしていた。
キャンプ場満足度(☆5つが最高):雲仙原生沼かきつばた公園 評価無し
  キャンプ場ではなく、普通の公園のため評価無し。
  予定していた白雲の池キャンプ場が開設前&ひと気がなくすごく寂しいところ、とのことで、
  晩ご飯をいただいた絹笠食堂のご主人が目の前の公園(雲仙原生沼かきつばた公園)でテントを
  張ればいいとすすめてくれた。
  トイレ、水道あり。
  ただし、普通の公園であることと、朝には公園の目の前が地元住民の通勤・通学路になるため、
  周囲に十分な配慮が必要。
  ちなみに公園の北側には墓地あり。

■三日目
天気:晴れ
ルート:こちら
走行距離:107.36km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
①龍ヶ岳ヒルクライム ☆☆☆☆☆
  距離はそんなに長くないが、道幅の細さ、斜度のきつさ、ひと気のなさは雲仙以上かも。
  山頂につくころには完全に日が沈んだ。
  夜道の山道はさすがにちょっと心細かった。
おすすめポイント:
①雲仙地獄巡り
  そこらうち中から湯気が出ていて楽しい。
②国道251号からの眺め
  左は島原湾、右は雲仙、なかなかいい眺め。
歴史火山
  島原の乱と雲仙普賢岳噴火の地。
  島原城、原城、土石流被災家屋等、見所有り。
④龍ヶ岳に上る途中から見える夕日
  キレイだった。
⑤龍ヶ岳山頂で見る星空
  展望台があるだけあって星がきれい。
  BE-PALの「星がきれいなキャンプ場」に掲載されていた。
⑥龍ヶ岳山頂からの朝日
  八代海方面から昇る朝日は絶景!
キャンプ場満足度(☆5つが最高):龍ヶ岳山頂キャンプ場 ☆☆☆☆
  貸切だったので適当に空いた場所に張らせてもらった。
  フリーサイトはどんなところか見ていない。
  山頂だけあって上り坂が大変だけど、山頂からの景色は最高だし星もきれい。
  シャワーもトイレも清潔。

■四日目
天気:晴れ
ルート:こちら
走行距離:164.72km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
  特になし。
  八代~人吉の上り坂もゆるやかなので全く半笑いになれず。
おすすめポイント:
①天草松島
  天草の松島といわれている。
  千厳山からの眺めは最高。
②道の駅「不知火」のデコポンソフト
  この旅でたくさん食べたソフトクリームの中で一番美味しかった。
③球磨川
  坂道がゆるやかで景色が良い。
  タイミングがよければSLも見える。
④人吉の公衆温泉浴場
  市内にたくさんの公衆浴場がある。
  昔ながらの銭湯の風情。
  とても滑らかなお湯だった。
キャンプ場満足度(☆5つが最高):人吉クラフトパーク石野公園キャンプ場 ☆☆☆☆
  芝生のまあまあ広いフリーサイト。
  施設はトイレと炊事場のみ。
  市街地から近いが静かで快適。
  買出し、お風呂などに便利。
  管理人さんが親切でものすごく九州に詳しい人。
  いろいろな情報を教えてもらった。

■五日目
天気:晴れ
ルート:こちら
走行距離:74.98km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
①人吉~えびのの峠越え(国道221号) ☆☆☆
  ひたすらずーーーっと上り坂。
 けど、景色が良かったりループ橋があったりで楽しいので、そんなに苦ではなかった。
  途中サルの群れに会った。
②小林~えびの高原のヒルクライム(県道1号) ☆☆☆☆☆
  これまたひたすらずーーーっと上り坂。
  ぐねぐね道で傾斜も結構キツイ。
  ここも景色がいいので苦しさは紛れる。
  ここではシカの群れに会った。
おすすめポイント:
①えびの高原
  見所多数あり。
②硫黄谷温泉
  温泉自体には行ってないのだが、県道1号沿いにある温泉の川が楽しい。
  温泉が丸ごと川。白濁で湯気が出ていてちゃんと熱い。
  入ろうと思えば入れる。
③霧島
  説明するまでもなくおすすめ。
  温泉も気持ちよかった。
キャンプ場満足度(☆5つが最高):霧島高原国民休養地 ☆☆☆☆☆
  芝生のかなり開けたフリーサイト。
  車・バイクの乗り入れも自由。
  トイレもキレイだし温泉も併設されている。
  北側には霧島の山々が望めるかなり気持ちの良いキャンプ場。
  KCさんと合流して久しぶりに会話ができて焼肉もして、とても楽しかった。
  おすすめです。 

■六日目
天気:晴れ
ルート:こちら
走行距離:103.65km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
①牛根峠(県道72号) ☆☆☆
  龍ヶ岳に上る道と同じような感じ。
  ただ、距離が短いのとそんなに傾斜はきつくないので、そんなに苦ではない。
  風が強いのがちょっと半笑い。
おすすめポイント:
①嘉例川駅
  古い木造の駅。
  めちゃくちゃ人が多かった。
  個人的にはそんなに惹かれなかった。
②桜島
  桜島フェリー、南側の道路(国道224号)、有村溶岩展望所に行った。
  今度は湯之平展望所にも行きたい。
③道の駅「垂水」の足湯
  全長約60mは世界2位だとか。
  桜島と夕日をみながら入る足湯は最高だと思う。
  入ってないけど。
④キャンプ場からの桜島&夕日
  キャンプ場(山頂)から見る、桜島のバックに夕日が落ちていく風景は最高。
キャンプ場満足度(☆5つが最高):きほく上場公園キャンプ場 ☆☆☆☆
  山頂にある芝生で開放的なサイト。
  特に桜島の眺めは最高!
  あと、ここにも天文台があり、「星空が日本一きれいな場所」として有名だとか。
  当日は月がすごく明るかったので、星はあまり見えず。
  それでもキレイだったが。
  ただ、風力発電のアレがたくさんあって、風がすごく強かったのが難点。

■七日目
天気:晴れ
ルート:こちら
走行距離:118.57km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
①都井岬 ☆☆☆
  海の方だからそんなにきつくないだろうと思ったのが大間違い。
  結構な坂道だった。
  ただ、距離が長くないのと景色のよさ、野生の馬やサルが見られるので、割と楽しい。
おすすめポイント:
①山宮神社の大クス
  志布志市にある山宮神社の大クス。
  精霊の力をいただきました。
②海岸線(国道220号~448号)
  海がきれいでとても気持ちの良い道。
  ただ、向かい風がきついと、自分いじめポイントに。
③都井岬
  灯台に入れたり野生馬を見えたり。
  とても景色が良い。
キャンプ場満足度(☆5つが最高):栄松キャンプ場 ☆☆☆
  栄松ビーチに併設されているキャンプ場。
  海に面している芝生のサイト。
  人が多くなかったので快適だったが、夏の人が多い時期は少々にぎやか過ぎるかも?
  シャワーが17時以降に使えなくなる。
  近くのホテルのお風呂も18時ぐらいで終了。
  あと、家族キャンパーに声を掛けていただき、たらふく芋焼酎をいただいた。
  いろいろな話ができて楽しかったです!
  次の日頭痛くて大変だったけど。

■八日目
天気:晴れのち曇り、夕方から雨
ルート:こちら
走行距離:157.77km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
  特になし。
  走行距離が長かったので最後の方は少し半笑いだったが、
  よだれが出るような峠もなく、海岸線沿いの気持ちのいい道ばかりだった。
  それでもしいて言うなら、鵜戸神宮と青島神社での視線。
  小汚い旅人に向けられる「何この人」的な視線は、もう、視姦されているようだった。
おすすめポイント:
①日南海岸ロードパーク(国道220号)
  太平洋を眺めながら走れる変化に富んだ楽しい道。
  アップダウンも少ないのでとても気持ちよく走れる。
  途中見所も多々有り。
②鵜戸神宮
  海に面した断崖の穴の中に本殿が建てられている。
  運玉などもあり、行く価値有り。
③青島神社
  橋でつながっているので一応島?にある神社。
  縁結びの神様。
  マジで、マジでお願いしておきました。
④チキン南蛮
  宮崎といえばチキン南蛮。
  今回は、チキン南蛮発祥の店といわれている「おぐら本店」のチキン南蛮をいただく。
  うまかった!
キャンプ場満足度(☆5つが最高):御鉾ヶ浦キャンプ場 ☆☆
  海水浴場に面した芝生で無料のサイト。
  施設はトイレと炊事場のみ。
  無料なのはうれしいが、この時期はひと気がなく雨だったこともあり、かなり心細い場所だった。
  あと、蚊がめちゃくちゃ多くて大変だった。

■九日目
天気:雨時々曇り
ルート:こちら
走行距離:102.28km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
①延岡~高千穂までの上り坂(国道218号) ☆☆☆
  傾斜はそんなにはきつくないが、高千穂まで延々と上り坂。
  あと、雨だったので、さらに半笑い度がアップ。
②高千穂峡 ☆☆
  ここも視線が痛かった(気持ちよかった)。
  人が多くて、もうなんか、イヤになる。
  あと、高千穂峡に下りる坂道がかなり急なので帰りが大変。
③高千穂~キャンプ場までの上り坂(国道218号) ☆☆☆☆
  これまた延々と上り坂。
  あと少し、と思ってたけどなかなか着かず、雨も降るし日も暮れるしで大変だった。
  途中見所もなく、常に山の中なので、少々心細くもある。
おすすめポイント:
①青雲橋
  東洋一のアーチ橋だとか。
  何が東洋一なのかわからないけど、とりあえず、高かった。
②高千穂峡
  言わずと知れたお勧めスポット。
  ただし、雨だろうがなんだろうが、人がめちゃくちゃ多いので、覚悟が必要。
  例のボートは雨にも関わらず3時間30分待ち。
  ボートに乗りたい人はかなり早い時間に行かないと乗れないと思われる。
キャンプ場満足度(☆5つが最高):服掛松キャンプ場 ☆☆☆☆☆
  西日本一のキャンプ場、と言われているらしい。
  芝生のかなり開けたサイトで、トイレ、シャワー、炊事場等の水周りもとても清潔。
  サイトはオートサイトとフリーサイトが分かれている。
  アスレチックなども少しあるので、家族連れやキャンプ初心者の方には最適。
  管理人さんも24時間数名常駐でとても親切。
  あと、22時以降は水場や歩道の照明等が全て消え、余計な灯りがなくなるのがうれしい。
  逆に、ワイルドさや静寂を求めるキャンパーには、少し整いすぎ賑やかすぎかもしれない。

■十日目
天気:晴れのち雷雨
ルート:こちら
走行距離:74.12km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
①高森峠 ☆☆
  「高森峠の坂はハンパない」と聞いていたが、そうでもなかった。
  逆から(阿蘇側)上ったら、確かにきついかもしれない。
②阿蘇山ヒルクライム(県道111号) ☆☆☆☆☆
  きつかった。
  上り始めた瞬間雷雨になったのも手伝ってかなりきつかった。
  距離も傾斜もまあまあある。
  途中の景色はとてもきれい。
  あと、火山ガス濃度が高いため火口に近づけなかったのがかなり残念。
  地獄温泉に行く道が通行止めになっていたのもかなり残念。
  雷雨&火山ガス&通行止めは、さすがにちょっと泣きそうになった。
おすすめポイント:
①らくだ山で食べた地鶏の炭火焼
  最高に美味かった!
②白川湧水
  白川の源流。
  めちゃくちゃ水がきれいでビックリした!
③阿蘇(火口、草千里等)
  ここも言わずと知れたお勧めポイント。
  ただ、雷雨だったので、あまり満喫できなかった。
キャンプ場満足度(☆5つが最高):阿蘇いこいの村 ☆☆☆☆
  阿蘇のふもとで芝生のかなり広いサイト。
  もちろん阿蘇を望める。
  水周りの施設は、少々古びて汚れている。
  キャンパーのマナーのせいかもしれないが、炊事場は生ゴミが回りに散らばっていた。
  お風呂は隣接されているホテルの温泉に入浴可。
  あと、フリーサイトにも車乗り入れ自由なので、車を乗り入れていない側からすると、
  少々圧迫感があり、窮屈に感じた。
  まあそれでも阿蘇を望める立地というのが、それらをカバーしてくれるぐらい最高。
  あ、あと、リアルタイムでも書いたけど、受付のお姉さんがかわいかったよ!

■十一日目
天気:晴れ
ルート:こちら
走行距離:71.09km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
①大観峰へのヒルクライム(国道212号) ☆☆☆☆
  わかってはいたが、やっぱりきつかった。
  距離はそんなに長くない。
  途中の景色が最高なので気分が紛れる。
②ミルクロード&やまなみハイウェイでの強風 ☆☆☆
  この日だけかもしれないが、風がめちゃくちゃ強くて、どっちの方角に走っても向かい風になった。
  下り坂でも漕がないと止まってしまうぐらいの強風。
  下り坂なのに漕がないといけないというところがかなりの自分いじめ。
③牧ノ戸峠 ☆☆☆☆
  遠くから峠が見えて、「え、アレ、超えるの!?」と、ちょっとうんざりしてしまった。
  けど実際上ってみるとそんなに距離も長くなく、景色もよかったので楽しく上れた。
おすすめポイント:
①ミルクロード&やまなみハイウェイ(県道12号~45号~11号)
  向かい風さえなければものすごく気持ちよく走れること間違いなし!
  ミルクロードの展望所で売ってるとうもろこしは美味し。
②大観峰
  ここもまた言わずと知れた阿蘇のお勧めポイント。
  大観峰からのカルデラの眺望は最高!
  売店のソフトクリームやソーセージ等もうまい。
  美味しそうなハムやカマンベールチーズ等も売ってる。
  勘違いしたわがもの顔の態度のデカいバイカーがたまにいるので注意。
③長者原
  登山もできるし動物園もあるし温泉も多々あるしで、とても楽しめる場所。
  長者原ビジターセンターで食べれるご飯がうまいらしい。
キャンプ場満足度(☆5つが最高):九重自然観 ☆☆☆
  簡易なトイレと炊事場があるだけのシンプルなサイト。
  お風呂はこの日は特別に隣接の宿泊施設の温泉を利用させてくれたが、
  通常は車で10分ほどの温泉まで行かないといけない。
  周りの山々の眺めがよく、立地は最高。

■十二日目
天気:晴れ
ルート:こちら
走行距離:141.54km
自分いじめポイント(☆は半笑い度。5つが最高):
①向かい風 ☆☆☆☆
  この日は筑紫野市に入るあたりまで、とにかく向かい風が強くて大変だった。
  上り坂より向かい風の方がつらい。
  風で乾いてよだれも出ないし。
②福岡市内&博多駅 ☆☆☆
  ずっと大自然の中にいただけに、博多の街は刺激が強すぎる。
  特にギャルの生足には、もう、俺のテント(股間)が・・・下ネタなのでやめときます。
  あと、幹線道路は車も多いのでかなり神経を使う。
  もちろん、通行人の視線も痛い(気持ちいい)。
おすすめポイント:
①九重"夢"大吊り橋
  人道の橋としては世界一(だっけ?)といわれるだけある。
  高所恐怖症でなくても、ひゃーってなった。
  橋から見る眺め、特に滝は最高だった。
②太宰府天満宮
  学問の神様。
  梅ヶ枝餅が焼きたてでうまかった。
③Kさん邸
  今回、九州を自転車で一周するにあたって、車をKさん邸に停めさせてもらった。
  挨拶だけして帰ろうと思ってたら、もう、すごくおもてなししてくれて。
  いつも冗談で遊びに行く行くとは言ってたけど、いざ歓迎されるとかなり恐縮してしまうへタレな私。
  といいつつも、ご飯がうますぎて4杯もおかわりしてしまった食いしん坊な私。
  マジでご飯美味しかったです!感謝!
キャンプ場満足度(☆5つが最高):なし



ってな感じです。
今日は眠いのでここまで。
また次回にいろいろ感じたことなどを書きたいと思います!

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(7) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

Arsenic

すごいですね!
ぼくも今年の夏休みにやろうと思ってます
どれくらいお金がかかりますか?
by Arsenic (2012-06-30 18:52) 

hiroshi

>Arsenicさん。
変に節約して楽しめなくなるのはアレだったので、特にご飯とかには結構使ってしまいました。
1日1万円は行かなかったと思います。
節約しようと思えば、ご飯三食分(3000円)ぐらいでいけるのではないでしょうか?
by hiroshi (2012-07-02 22:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。